大幅なコスト削減を実現|電子ブレーカーや浄水器の導入

漏電ブレーカーの活用

工具類

ブレーカーが頻繁に落ちたり電気代が普段より高くなっていたりといった経験をしたことがある人は少なからずいるかと思います。その原因は漏電にあるかもしれません。ブレーカーの一種である漏電ブレーカーは電気系の異常を検知すると電力を遮断します。また、そのような問題が発生している際には電気代が余分に掛かってしまうため、漏電が原因である可能性が高いのです。そういった問題は長く放置することでコスト的にも大きな無駄になるうえに家電や機器の故障、火災や事故といった被害が発生してしまうかもしれません。そうなってしまう前に漏電箇所を発見し修理を行う必要があります。
漏電箇所の発見・修理を行うためにはまず、全てのブレーカーの電源を落とす必要があります。全てのブレーカーのスイッチを切断後、メインブレーカー及び漏電ブレーカーのレバーを上げます。メインブレーカーのレバーがない場合には漏電ブレーカーのみのレバーを上げるだけで問題有りません。次に、複数あるブレーカーレバーを順番に作動させ、状態を確認します。漏電箇所に繋がるブレーカーを作動させた際には漏電ブレーカーが自動で切断されるため、その箇所を特定することができるのです。特定が完了しましたら、その箇所以外のブレーカーレバーを作動させます。特定箇所のレバーは切断しておいてください。また、特定箇所以外のブレーカーを作動させる際には一旦全てのブレーカーを切断し、メインブレーカー及び漏電ブレーカーを作動させてから特定箇所以外の各レバーを上げる必要があります。ここまでの作業を行った後、特定箇所へ行き修理を行ないます。個人での修理が困難な場合には専門業者に依頼して修理してもらいましょう。