大幅なコスト削減を実現|電子ブレーカーや浄水器の導入

浄水器の導入メリット

台所

水道水には殺菌消毒のために塩素が含まれており、その塩素は残留塩素として溜まっていきます。それらの残留塩素はトリハロメタンと呼ばれる発がん性物質を生成してしまうため、水道水を直接飲むのは好ましくありません。こういった問題は近年、メディアに取り上げられることが多くあったため、広く知れ渡っていると思います。その結果として、市販で販売されているペットボトルの水やウォーターサーバーの需要が急増しました。しかし、それらを定期的に購入し続けるのにはコストと手間が掛かります。そういった問題を解決するために浄水器を導入しましょう。
浄水器は導入することで水道水に含まれる不純物フィルターを通すことでろ過し、安全な水にしてくれます。このろ過の際には塩素以外にもカルシウムやマグネシウム、微生物等の有機物もろ過し除去してくれるので安心して水道水を飲むことができます。また、ろ過するために必要なフィルターを定期的に交換することによってずっと使用していくことが可能です。そのため、最終的なコストはペットボトルでの水やウォーターサーバーの購入よりも低く抑えることができるのです。浄水器には様々なタイプがあり、最も多く利用されているタイプは据え置き型と呼ばれるもので導入に2万円から8万円の費用が必要とされている製品です。据え置き型は不純物の除去率がとても高く、フィルターも長持ちするという点で人気となっています。フィルター交換は1年に1回程度で5000円から2万円の交換費用が必要となります。こういった浄水器を導入して、手間とコストを削減することで生活はより良いものとなるでしょう。