大幅なコスト削減を実現|電子ブレーカーや浄水器の導入

浄水器の種類と特徴

水道

浄水器というのは導入することによって安全に水道水を摂取することを可能にします。しかし、その種類は多種多様でどのタイプの製品を導入すべきか悩んでしまう人は数多くいることでしょう。それぞれのタイプにおいての特徴について知ることで、製品選びがより容易なものとなるはずです。
1番安価に取り付けることが可能な浄水器で利用も多いものに蛇口直結型のものがあります。蛇口直結型の製品は取り付けも簡単で何より導入必要コストが約2千円から5千円と安価だという特徴があります。しかし、コンパクトなためろ過のためのフィルターも小さく除去率は他のタイプのものに比べ低いものとなっています。性能としては普段の炊事等にも申し分なく使用できるので細かく気にしない人であれば問題ないでしょう。また、フィルターの交換周期も他のタイプに比べて早く2ヶ月から4ヶ月おきに交換が必要になるというデメリットがあります。初めての浄水器導入やすぐに使用したいといった人にはお勧めのタイプです。次に据え置き型と呼ばれるタイプです。このタイプは水道水の不純物除去率が高く、フィルターの寿命も1年と長いものとなっています。調理向けの軟水を生成することも可能で、製品の中にはアルカリイオン水を整水できるタイプもあります。デメリットとしては設置スペースを取ってしまうのと取り付け可能蛇口が限られているという点、比較的に導入コストが高額であるという点が挙げられます。導入コストは高額ですが、長期的にウォーターサーバーはペットボトルの水を購入する場合よりもコストを抑えることは結果的に可能です。次にアンダーシンク型と呼ばれるものがあります。これは取り付けに工事が必要で、シンク下に取り付けます。そのためキッチン周りのスペースを取ることが有りません。しかし、導入コストは高額なため高機能さと収納性、除去率の高さ等を求める人にはお勧めする製品となります。こういった様々な浄水器の中から自身にあったものを選択することでコストの削減をしつつ安全な水を飲むことが可能になるでしょう。