大幅なコスト削減を実現|電子ブレーカーや浄水器の導入

浄水器の導入メリット

台所

浄水器は導入することで多くのメリットをもたらします。まず、自宅の水道水から安全な水を手に入れることが可能になり、ペットボトルの水やウォーターサーバーの購入が不要になります。コスト削減にもなり、購入の際に掛かっていた手間もなくなるのです。

もっと見る

漏電ブレーカーの活用

工具類

漏電ブレーカーは漏電等の電気系の異常を感知した際に電力を遮断します。その場合には早急に漏電箇所を特定し、修理する必要があります。漏電ブレーカーを利用した漏電箇所特定方法について知りましょう。

もっと見る

節電効果とコスト削減率

配線

近年、住宅等の建築物の電力管理において電子ブレーカーというものの導入に注目が集まっています。電子ブレーカーは従来のアナログ式ブレーカーとは異なり、コンピュータ制御によって電流値を測定します。また、コンピュータ制御のために搭載されているCPUには電力を無駄なく供給するためのアルゴリズムに基づいたプログラミングが書き込まれているため、大幅な節電が期待できます。
電子ブレーカーは契約内容により電気の使用容量を決定します。その使用容量に応じた電力供給を行うため、事前の電力調査が必要になります。電力調査では普段、どれだけの量の電力を使用しているのかと調査するものです。その調査結果に基いて最適な契約プランを選択する必要があります。また、契約プランにおいて使用電力量を低くしすぎてしまうと様々な場面で電子ブレーカーによる電力遮断が発生してしまうので注意しましょう。電子ブレーカーの導入による節電成功例について知っていきましょう。適切な電力量での契約を行った場合の分譲型マンション100戸では61%のコスト削減を実現し、年間で約27万円分の節電に成功した例もあります。60戸の分譲型マンションでは50%のコスト削減により年間約13万円の節電に成功し、ガソリンスタンド10店舗においても50%のコスト削減に成功しました。その結果としての年間節電量は約250万円に及んだとされ、電子ブレーカーによる節電効果はとても高いものだと考えられるでしょう。

浄水器の種類と特徴

水道

浄水器には蛇口取付型や据え置き型、アンダーシンク型といった様々なタイプの製品があります。浄水器の導入を考える際にはそれらの製品の特徴を知り、自身のライフスタイルにあったものを選ぶ必要があるでしょう。

もっと見る